「保毛尾田保毛男」に「ゲイをバカしてる、ホモ差別」LGBT抗議に対して「嫌なら見るな」

「保毛尾田保毛男」炎上

クレーマー大騒ぎ

本日、「保毛尾田保毛男」にクレーマー団体が騒いでいると話題に。




9月28日に放送されたフジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでしたSP」では、30年ぶりに石橋貴明が演じる「保毛尾田保毛男」が復活。

しかしこれを見たLGBT団体などが「性差別だ」「LGBTが・・・」と大騒ぎ。

事態を重く見たフジテレビ社長は、これに「陳謝」する方針だという。

しかし、ネット上では、「ヒステリー」「被害妄想強すぎ」「逆に差別意識強すぎる」「施行停止」など団体に対して批判の声が上がっている。




 

(ネットの反応)

➡大半の人は、保毛尾田保毛男を笑ってるだけで、男性同性愛者をバカにしてなんかいないと思う。 批判する人・謝る人もめんどくさい。考えればわかること。 今の時代、これを差別ととる方が差別思考が強すぎて引く。

➡昨日の保毛尾田保毛男がめちゃくちゃ批判されてる トレンド1位だよ ホモをネタにしたらいかんのか? 本当に気を使わなきゃいけない時代になったんだね。

➡保毛尾田保毛男が騒ぎになってるのが笑える(笑)どんだけガラス細工な心やねん(笑)少なくても俺はなんとも思わんで、ゲイでもイベントとかで歌手や話題の女優やタレントの誇張したモノマネしてそれ見てわろてる奴いっぱいおるやん(笑)

1 2


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • やっぱり過剰反応して怒る人を見て人は応援したくはならないよ。
    「フジ、とんねるず許さん!潰せ!」みたいに言ってる人見ていじめの構図そっくり。
    どうしても落ち着いた対応してるゲイの人の方が好感持ててしまう。
    LGBTのイメージアップの為にはこういう時こそ冷静な対応が望まれる気がする。
    俺だってテレビ見てまるで自分のことを言われてるみたいで傷つく表現がある時はある。
    でも、それはチャンネル変えれば即解決できる。
    自分一人の為に好きな人がいるかも知れない作品に向かって規制しろとは言えない。
    荻上氏の言う「足を踏まれる」には「踏まれるのを交わす」事だってできるんだよ。

    by 匿名 2017年10月3日 2:55 PM

  • いじめっていうのはいじめる側の心の問題。
    保毛尾田保毛男と呼ばれたこどものブログ読んだら、その人は元々いじめに遭ってて
    途中からあだ名が保毛尾田保毛男に変わったと言ってた。
    ということは保毛尾田保毛男が悪い訳じゃなくてそれを利用した側が悪い事になる。
    この件に変わらず「あのアニメの悪役キャラがお前に似てる」っていじめられたら
    そのアニメが嫌いになるかも知れないでしょ?でも実際に悪いのはいじめてる奴で。
    いじめる奴は「いじめる対象」と「叩く為の材料」を探してるんだよ。性根が腐ってるから。
    保毛尾田保毛男があろうがなかろうがいじめる奴はいじめてくる。
    いじめる奴を生まない様にする教育の方が大事なんじゃないの?
    現状逆恨みした人達が寄って集って保毛尾田保毛男をいじめてるみたいになってるよ。

    by 匿名 2017年10月3日 3:10 PM

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP